乳酸菌と腸内細菌

 

腸内には数多くの細菌が存在しています。
その細菌の中には身体に良い善玉菌と悪い悪玉菌との両方があるのです。

 

善玉菌は腸内環境を整えるうえで必要なもので、食べ物の栄養分がしっかりと吸収できるようになりますし、免疫力向上にも役立ちます。
そのため、善玉菌を増やして、そして悪玉菌を減少させることが非常に重要になるんですよ。

 

この腸内の善玉菌を増やす食べ物として代表的なものがヨーグルトなのです。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌、ビフィズス菌というのはどちらもの善玉菌です。

 

この善玉菌は免疫細胞の働きを活発にすることに繋がり、腸の粘膜にこびりついて悪玉菌の侵入をしっかりと防ぐことができるんですよ。
とはいっても、乳酸菌というのは腸内に長期間留まることができません。
ある一定の時間が経過すると体外へ排出されるようになるのです。

 

そこで、ヨーグルトは毎日食べ続ける、といういことが非常に重要なのです。
朝食やデザートに1日に1回ヨーグルトを食べるように心がけてみてください。

 

ヨーグルトを食べるのが苦痛なのであれば、その場合にはサプリメントを摂取するようにしていましょう。
サプリメントを摂取することによって効率よく体内に乳酸菌を摂り入れることができるようになりますよ。